CARファクトリー【車値引き全般情報】

自動車の売買の名義変更の書類の大切さについて

街の中を走っているナンバーの付いている自動車は、
全部登録の手続きを済ませて1台1台にナンバーが付き車検証が発行されて
所有者や使用者が決められています。
 
人間の戸籍のようにきちんと管理されていて、
売買や譲渡によって所有者や使用者が変わるときには、
複雑な登録手続きがあって厳正に管理されています。

 

新車や中古車を購入するときには、下取りがあるときには購入のする車を自分名義に、
下取りに出す自分名義の車を下取り先の名義に、
2代の名義変更の手続きをしなければなりません。

 

また、新規に購入する際には購入する車を自分の名義に変えなければなりません。
今流行りの買い取りに出すような場合は、自分の名義を買い取り先に変えるようになります。

 

特に軽自動車以上の自動車は、この登録に車庫証明の手続きも加わり、
より複雑なものとなります。

 

軽自動車は、車庫証明の必要なところと必要のないところがありますから注意しましょう。

 

登録手続きには、自動車を譲り渡す方は譲渡しようとする
自動車の車検証と印鑑証明と実印の押印された譲渡証と委任状が必要です。

 

譲りうける方は、管轄の警察署に車庫証明を提出して許可の出た車庫証明書と、
印鑑証明と実印が押印された委任状が必要です。

 

これら全部の書類を登録しようとする譲渡される人の住んでいる管轄の陸運支局で登録します。
これだけの書類を記入ミスが無い完璧の状態での登録となります。

 

良く、登録できないのが印鑑証明の期限切れがあります。
取って置いたものなどを添えたりすると印鑑証明の3か月の期限切れに引っかかってしまいます。

 

必ず印鑑証明は期限の長いののを使用しましょう。車庫証明も許可が出てから1か月の有効期限があります。
印鑑証明などの期限切れで遠方などからの取り寄せに日数がかかったりすると車庫証明が切れたりもします。
書類の準備は本当に注意して準備しましょう。

 

このように厳しい戸籍のような自動車の登録管理で、
不正に登録されたり所有の変更が勝手にできないようになっています。

 

個人売買などで、このような書類の不備で名義変更ができなくてそのまま乗っていて、
前の持ち主に税金が来たり、事故を起こして問題になったりする事がよくあります。

 

個人売買は、必ず、名義変更になった車検証を確認しましょう。
自動車の売買の際には、大切な書類の準備と紛失などの無い充分な管理をしながら登録を完了しましょう。

関連ページ

交渉なんて必要ない?一言で上がる、あなたの車の査定額
CARファクトリーは車値引き全般の知識サイトです。
モデルチェンジ前に車を売るのは正解?
CARファクトリーは車値引き全般の知識サイトです。